Icon スイ家計簿

Icon スイ家計簿

 

使っている端末で利用できる?

スイ家計簿は、NFC機能を搭載した Android 4以上の端末でご利用いただけます.
大抵のテストはHTC One (Jelly Bean), LG G3 (Lollipop)とOneplus 3T (Nougat)でおこなっています。

スイ家計簿は日本のマーケット向けに開発されており、現在は以下のICカードがサポートされています:



確認済み作動を想定作動を未想定
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • SAPICA
  • waon
  • nanaco
  • edy
  • IruCa
  • manaca
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • toiCa
  • Icoca

何のためにカードを“記憶する“の?

スキャンしたカードは、ヒストリーを保存したり統計を利用するために記憶することができます。ご自身で使っているカードや出費を常にチェックしたいカードは、記憶することをオススメします。

記憶したカードには以下の機能がご利用いただけます:

  • カードのデータを端末に保存
  • カードに名前をつけて自分のデザインを選択
  • 再スキャンで新しい移動履歴がヒストリーに自動追加
  • 統計の確認
  • ヒストリーや統計の確認(カードの再スキャン不要で、前回のスキャン情報が見られます。)
  • 合計出費について毎月お知らせを受け取ることができます
  • ウィジェットに追加すれば残高を一目で確認できます
お友達のカードを確認だけなら、スキャンして最新20件の履歴を見せてあげることができます。そういったカードのヒストリーは記憶されませんので、ご自身のカード情報を邪魔することはありません。データが残らないため、上記の機能を記憶されていないカードでは使うことができないのです。

どうしたら出張費用を管理できますか?

スイ家計簿を使えば、手間をかけずに返還申請ができます。

  1. スイ家計簿でカードを定期的にスキャン。
  2. スキャン後、必要な項目に出張マークを付ける。(たった2タップで簡単!)
  3. 申請の際、 一か月分の出張費用をエクスポート。
  4. 「エクスポート後に共有」にチェックを入れれば、 データをそのまま送ることも可能。

YouTubeで使い方をみる

どうやってウィジェットをインストールするの?

ウィジェットは、アプリをインストールして頂くと同時に、ホーム画面やロック画面に設定が可能となります。ウィジェットには、選択したカードの残高が表示されます。

パーミッション

The app uses the following Android permissions:

Feature / FunctionPermissions
ヘルプ、ニュース、広告の表示
android.permission.INTERNET
android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE
カードのスキャン
android.permission.NFC
スキャンが成功した場合のフィードバック
android.permission.VIBRATE
リマインダーや月々の出費の通知に使用
android.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETED